不溶性の特徴について

食べ物の成分の中には体内の消化酵素で消化分解されにくい成分があります。

栄養として体に取り入れられることなく排出される成分であるため、今までは食べ

物のカスとして考えられていました。しかしながら腸内環境を正常に整え、有害物

質の排出に役立つことから、近年になって重要な栄養素として認識されるようにな

りました。

この繊維成分を大別すると水に溶ける水溶性のものと、水に溶けない不溶性のも

のがあります。

どちらも体の健康維持に必要な成分で、それぞれ1:2の割合での摂取が勧められ

ています。

この二種は保湿性が高いという類似点もありますが、体の中での役割は違いま

す。

水に溶けないほうの繊維成分は腸に長くとどまり腸の運動を促します。

腸が活発に動くため食べ物は長く腸内にとどまることなく短時間で排泄されます。

 

またこの繊維質は水を含むと膨らむ性質があり、便のかさを増やして排便を促し

てくれます。そのため便秘気味の人や痔病を患う人は多めにこの成分が含まれた

食品を食べるのがお勧めです。また発ガン性物質などの有害物質を体外へと排

出する助けもするといわれています。

腸内にとどまる時間が短く排便回数が増えるということは、食物に含まれる食品添

加物や残留農薬などの有害物質を体が取り込むのを阻害する助けにもなります。

薩摩芋や里芋などのイモ類、牛蒡や大根などの野菜類、エノキや椎茸などのキノ

コ類に多く含まれています。

また米などの穀類にも多く含まれているのですが、特に外側の殻部分に多く含ま

れているので、精米した米より玄米を食べるのが勧められます。