水溶性の特徴について

食べ物の中には消化吸収されて体を作ったりエネルギーの素になる五大栄養素

と、消化吸収されないで栄養の取り込みのコントロールなどに役立ち、結果、健康

維持に貢献してくれる成分とがあります。果皮、海藻、豆などに含まれる水溶性の

繊維状の成分もこの後者に当ります。

食べると消化も吸収もされることなく小腸を通って、そのまま大腸まで到達しま

す。例えばりんごやみかんの皮などに含まれるペクチンと言われるものもその一つ

です。水に溶けやすい性質があり、溶けると粘りを生じます。保湿力が高く、ジャム

など加熱するとトロトロと粘度のある状態になります。

キャベツやレタス、大根などの野菜にも多く含まれています。

また、こんぶやわかめなどの海藻類に含まれるヘミセルロース、大豆などの豆類

に含まれるガム質といったものもあります。

主に小腸での栄養素の消化吸収を抑えて遅らせたり、体によくない物質を吸着し

て体外へ運びだしてくれます。

 

 

甘いものや揚げ物などを摂りすぎた場合はこの繊維成分が余分な糖分や油分を

体が取り込むのを防いでくれます。

そのため糖尿病やメタボメタボリックシンドローム、高血圧などの対策にもなりま

す。

また善玉菌のエサとなるため、腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整えるのに役立

ちます。

生活習慣病予防のためにも積極的な摂取が勧められています。