効果と働きについて

 

便秘と血糖値との因果関係については、有為の関連性があるという意見と無いと

いう意見に分かれています。

 

この頁では前者についてその関連性の考察を試みます。

腸内に便が留まることで様々な問題を抱え込むことになります。一番厄介なケー

スは大腸がんであり、そこまで申告制はなくとも肥満の原因になる他、結果的に成

人病のリスクが高くなります。

 

 

腸は栄養を吸収する器官であり、そしてそれは腸内がきれいな環境であることが

前提となっています。

 

 

ところが便が腸内に滞留していると、腸は英他所を吸収しようとするものの、便も栄

養素を吸収するため、結果的に糖分や脂肪分をたくさん摂るのと同じ状態に陥り

ます。

この状態が血糖値を上げる働きをしている可能性が高いと考えられます。

 

これを防ぐにはやはりデトックス、老廃物や毒素をきちんと排出する機能が必要で

す。

そこで必要になってくるのは三つです。第一に腸内環境を整えるためには、野菜

やビフィズス菌を摂取することです。

第二は適度な運動です。

決して激しい運動が必要な訳ではなく、1日30分程度のウォーキングが出来れば

充分です。

 

第三は水分の摂取です。

食事面においては野菜や茸などの繊維質が必須です。

これらをサプリメントで摂取する向きもありますが、野菜や果物、茸など一年中何ら

かの食材があり、十分な量が摂れるはずです。

そしてそれらはインシュリンの急激な分泌を抑える働きがあるので、糖を脂肪に変

える作用を抑制してくれます。

運動面においては有酸素運動、先に記した通りウォーキングを行うだけで体脂肪

を燃焼させられます。

そしていつもより多めの水分を摂れば、老廃物を排出するデトックス効果が期待で

きるのです。